スキンケア

正しい生活習慣こそ重要だったスキンケア

十代の肌は何をしなくても綺麗だし、二十代はメイクに凝ってみたりもしてみたい時でもあります。 

しかし、三十代に入ると、美肌に対する意識が強くなってくるのです。 

これは、メイクテクニックで演出した美しさよりも素肌の美しさの方が実は重要であることに、気づいてしまうからです。 

だからこそ、三十代になるとスキンケアに時間や手間を惜しまないのですが、化粧品だけに頼るばかりが肌を大事にすることではないのです。 

何故なら、肌も細胞によって構築されているパーツの一つなので、元となる栄養が必要不可欠だからです。 

栄養源は、簡単に言ってしまうと食べ物のことになります。 

人間の体を作っているタンパク質・炭水化物・ミネラル・ビタミン類といったものや、普段は問題視されることもある脂質なども大切な栄養源なのです。 

確かに、クレンジングや洗顔フォームといった汚れを落とすといった意識は大事ではあります。 

しかし、人の体は常に新しい皮膚細胞が生まれ変わってきて代謝を重ねてこそなのです。 何より一番重要なスキンケアは、バランスの良い食生活と規則正しい生活ということになります。

スキンケアの秘訣メニュー